「紀元前から続くビジネス」に一生をかけて挑み続ける、農家のイノベーターとは?

2015.06.12



人生観を変えるような取材って、記者冥利に尽きると思います。そんな好機に巡り会えたので、これはもう、ぜひ多くの方にお伝えしたいです。

北海道の広い広い牧場で知った、びっくりするくらい美味しい牛乳と、それを作る人と、牛と、土と、すべてが循環する世界のこと。北海道の空気を感じていただければ、嬉しいです。

入社当日に課せられたミッションは、北海道でBAKEのルーツを探ること!

5月某日。私しおたには、このTHE BAKE MAGAZINEで記事を書くために株式会社BAKEにジョインしました。まだ先輩社員の名前すらあやふやなその日に長沼社長から…


長沼真太郎
「塩谷さん、ちょっと来週あたり、北海道行ってきてもらえる? 現地では田村を同行させるから。」



突然の社長命令。いきなりの北海道出張。というか、田村って誰だ……。

「お菓子のスタートアップ」であるBAKEは、本当にものごとの進むスピードが速いのです。さっき決定したことを、今実行する。でも誰もがとても前向きなので、その空気に私は漠然とウキウキして

塩谷舞
「…行きます!楽しみです!頑張ります!(田村って誰だろう…)



と、爆速で北海道出張に出発することになりました。


この出張のミッションは、北海道でBAKEのルーツをしっかり取材してくること。親会社である「きのとや」のこと、そして人気商品「クロッカンシュー ザクザク」の原材料のひとつである牛乳を生み出している、契約農家さんのこと。

エアドゥ北海道と東京を結ぶかわいい飛行機「エア・ドゥ」に乗って、出発です!


ろくに知らないままに羽田空港で待ち合わせた「田村」さんは、BAKEの2人目の社員でした。いろいろあって北海道大学に7年間も在学していたらしく、北海道の山々のことにはとても詳しいです。

田村涼
登場人物:田村さん(28)。北海道の山々にすごく詳しい。現在はBAKEのマネージャーになり、常に電話が鳴り止まない。



レンタカーを借りて、帯広空港から車で1時間ほどの距離にある「十勝しんむら牧場」にやって来ました!

この牛はニセモノ

東京慣れした私にとってはお金を払いたいくらい、美味しい空気を吸うことができる場所です。


案内してくださったのがこの方。

新村浩隆さんです
牧場主である、新村浩隆(しんむらひろたか)さんです。



どうですか?



強そうでしょう。


「100年後にもこの人は、笑いながら大自然の中で仕事をしてるのではないか?」と思わせられるほどの、エネルギーを放つ方でした。東京では触れたことのない種類の、大きな大きなエネルギーでした。

まずご案内いただいたのは、「クリームテラス」というカフェ。ぶっちゃけ「牧場取材に行くぞー!」しか情報がなかったので、カフェが存在することに驚いてしまいましたが…

( http://www.n-slow.com/ より)
( http://www.n-slow.com/ より)

とっても感じの良い、おしゃれなカフェです。正直全然アクセスは良くない…と思える立地ながらも、この日は何組ものお客様で賑わっていました。


お水の代わりに出てきたのが、この牛乳です。

牛乳だ


(正直、私は、牛乳がそこまで好きではありません。)

牛乳だ

(ですが、取材ですので、飲まざるを得ない状況です。)











うまい

ヤバい顔してますが、演技でもステマでもネイティブアドでもなく、本当に、純粋に美味しかったんです。本当です。今までの牛乳って何だったんだろう? そう思わされる、超すっきりとしていて、ごくごく飲みたくなるような、こんな美味しい美味しいものが、牛乳だなんて信じられない。


「どうしてこんなに美味い牛乳が存在するのですか?」

その答えには、新村さんの大きな大きな挑戦がありました。

「一生必要とされる仕事」を手にいれるための、4代目の大きな挑戦

十勝しんむら牧場が誕生したのは、今から82年前、昭和3年のこと。新村浩隆さんのひいお爺さまである新村吉春さんは、富山県から開拓民として十勝の地に入植し、大木を切り倒して、畑を開いていきました。

つまり、新村浩隆さんは4代目。「代々受け継いだ牧場で…」と思いがちですが、そこには想像以上の葛藤があったそうです。幼いころは、家業を継ぐことへの抵抗があり、世の中の様々な仕事に興味がありました。でも、バブルが崩壊して、生まれては消えゆくビジネスを目の当たりにし、新村さんの中で「一生必要とされる仕事をしたい」という強い意志が生まれます。

どんなに仕事の形態が変わっても、農業だけはなくならない。だって農業は、紀元前からあるビジネスですから。

ただ、新村さんは単純に「家業」を受け継ぎたいのではない。代々受け継いだ牧場ですが、それまで牛舎にいた牛を外に出してしまいました。

これが放牧なんとものどかな風景です。

畜産業に馴染みがない私にとっては「放牧」するということの大変さがすぐには理解できなかったのですが…

放牧をするには、美味しい牧草が必要です。それまで手入れをしていなかった牧場では、牛が食べてくれるような草は生えていないそうです。

では、栄養価が高く美味しい牧草はどうすると生えるのか? そのためには、土壌の開発が必要です。それは1年や2年では到底終わらないプロジェクト。理想の土を育てるまで、何年も苦労され、ニュージーランドから専門のコンサルタントを呼んで、共に研究・改善していたほど。

しかも、その広さたるや…。人の手に負える範囲ではないように見えました。

広すぎる見渡す限り、しんむら牧場さんの敷地です(実際はもっともっとあります)。



田村涼
「さすがに広すぎませんか? こんなにいらないでしょう」



新村浩隆
「いえ、150頭の牛を放牧するには、狭いくらいです。すぐに食べ尽くされてしまいます」



田村涼
「オゥ…」



この広さの土を育てていくには、一体全体どれくらいの努力が必要なのでしょう。ITビジネスばかりに注目していた私には、もう想像することすら追いつきません。

「親でさえ説得できなければ、お客様には到底伝わらない」放牧への決意と、母との衝突

さらには、放牧をするにあたって、3代目の牧場主であったお母さまとの衝突も、半端ではなかったようです。牛を放してしまうことで、それまで確実に得られていた牛乳は? 利益は? もちろん、減ってしまいます。

「母とは、意見がぶつかりました。でも、親より自分の方が長くこの牧場を育てていくんです。次世代としてどうしていきたいのか、ビジョンを持って開拓していく。親でさえ説得できなければ、お客様には到底伝わりません。

そのように、あらゆる難題を直視しながらも1994年にスタートした放牧でしたが、4年後の1998年には様々な牧場が参加する「草づくりコンクール」にて、北海道知事賞を受賞されるまでに。そして、現在は100%放牧に成功しています。その道程に、どれほどの苦労があったのか。

東京と全然ちがう

なんだかもう、世界が違いすぎて

塩谷舞_牧場


「今まで大変ぬるい世界で生きてまいりました……」




恥ずかしくなって、反省したくなりました。だって、どの言葉も、景色も、味も、人生感を変えるような衝撃の連続だったのです。書きながら思い出しただけでも、事務所で涙が出そうです。

そんな新村さんが愛おしそうに見つめるその先にあるのは…

 ・
 ・
 ・
(お食事中の方はここでストップしてくださいね)
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・



かわいてないフン
うまれたての牛のうんちと、群がるハエの皆さんです。

この「ヒメフンバエ」こそ重要だと、新村さんは語ります。放牧をスタートした1994年当時は、ハエ等の昆虫、ミミズ、バクテリア、微生物などがいなくて、牛が糞をしてもその栄養素が分解されないままでした。そうすると、牧草は過剰な養分を得てしまい、そんな草は「牧草」としては食べられないそうなのです。

ちなみにこのヒメフンハエは、牛の糞にしか興味のないハエだそうで、土の改良と放牧を続ける中で、どこからともなく辿り着いてきてくれたんだそう。ハエなしには、放牧は成立しないんですって。

かわいたフン

おもむろに持ち上げる田村さん。

田村涼

「軽いですね、この土。」




塩谷舞_牧場
「田村さん、それうんちですよ。」




そうです。これは、ハエたちによって分解された糞、とのこと。無臭だし、まるで乾いた土のようです。ここから美味しい牧草が育つのだそう。


そんなお話を聞いているのうちも、周りを取り囲むのは100頭を越す牛、牛、牛……

うしだらけ

目が合いましたね

どうやら興味を持たれたようで

ちょっといいですか

びびりながら触ってみたところ、

おうおう

非常に喜んでスリスリしてくれました。か、可愛い………!たまらぬ!

まるで飼い犬のようになつっこくて、なでなでし放題なんですよ。「ねこあつめ」などで癒されている場合ではない。


きたない (触ったのは左手です。臭くはなかった。)




取材中ずっと良い天気だったし、牛たちもとっても幸せそうでした。でも雨の日も雪の日も、牛たちはいつもこの広い牧場で、放牧されています。牛のあるべき姿で、暮らしてもらうのが新村さんのポリシーだそう。

だから、しんむら牧場では搾乳体験などはしていません。お客さんが牛の乳しぼりをすることで、余計なストレスを与えてしまうことを懸念しているのです。人の都合に合わせるのではなく、ビジネスパートナーである牛たちの都合に合わせているんです。

そうしてストレスなく育った牛たちは、牛本来の健康的なパワーを発揮できるので、美味しいおいしい牛乳をもたらしてくれるんだそうです。


驚くべき動画もあります。しんむら牧場の牛は、人に指示されて動くのではありません。搾乳の時間になれば、群れのリーダーが先導して、列をなして牛舎にやってきてくれます。1日2回、牛の行進。なんとも美しい光景です。





「どうしてこんなに美味い牛乳が存在するのですか?」

その答えは、とても一言では説明できない。長年の真摯な努力と、牛への最上のリスペクトがつまった「しんむら牧場の本気の挑戦」が反映された味だったのです。

しんむら牧場さんの挑戦は、放牧だけに留まりません。「牛乳の美味しさは、Webやパンフレットだけでは伝えられないから」と、取れたての美味しさを味わってもらえるためのショールームとして先ほどのカフェ「クリームテラス」もオープン。牧場の前と、街中の「エスタ帯広駅店」2店舗を構えつつ、そこで販売している「ミルクジャム」は、都内でもDEAN &DELUCAなどを中心に取り扱い、ネット販売も行っています。

こちらのミルクジャムですが……

ミルクジャム
めちゃくちゃ美味しいので是非ともご購入をオススメします!
http://www.milkjam.com/shop/ ※ステマじゃないよ。


そんなこんなで、美味しい牛乳やアイスクリームやミルクジャムまでご馳走になり、自分のぬるい人生を懺悔したくなる気持ちと、それ以上に大きな感動をもらって、十勝しんむら牧場さんを後にしました。

私たちの車が見えなくなるまで、ずっとずっと手を降って見送ってくださる、新村さんたちの姿がありました。


そんな彼らが命をかけてつくった牛乳が、BAKEの「クロッカンシュー ザクザク」原宿店のカスタードクリームになっています。

クロッカンシューザクザク

これまで気持ち的にも、距離的にも、そしてビジネスとしても遠くにあった、牛乳の生産現場。でもこうして、直接お知り合いになることで、もっとフレッシュで、もっと美味しいスイーツを作ることができるようになりました。これは、とってもハッピーなご縁です。

そしてこの取り組みは、他の農家さんとも進んでおりまして……実は北海道には、衝撃な経営方針をもった牧場が、他にもありました。その真相は、これからのTHE BAKE MAGAZINEでお伝えします。更新をご期待ください!


最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。少しでも北海道の空気をお伝えできていれば、嬉しいです。

十勝しんむら牧場さんの情報はこちらから
・Facebook
・オフィシャルサイト
・ミルクジャム オンラインショップ



– –
Text by 塩谷 舞( @ciotan )編集協力 樽見祐佳

こちらも併せてどうぞ!

・「お菓子のスタートアップ」を立ち上げて丸2年。1人から120人に増えたBAKEのこれまでと、今後のミッション(長沼真太郎)
・株式会社BAKE 採用情報
・株式会社BAKE Facebook



前の記事

THE BAKE MAGAZINEに記事を投稿しませんか? 編集長・塩谷より

次の記事

全国ニュース番組に出たところ、影響力は絶大。その裏側をお伝えします