この仕組み、自社でも使えるかも?「社内のコミュニケーションを円滑にする方法」を10社に聞きました!

2015.06.23

こんにちは!THE BAKE MAGAZINE編集長の塩谷です。

先月、【ご意見求む!】社員間のコミュニケーションを円滑にするためにどのような取り組みをしていますか?という記事を公開したところ、びっくりするほどたくさんのご意見をいただきました。誠にありがとうございます…!

すべてをご紹介することが出来ず大変心苦しいのですが、今回は中でもユニークな取り組みをされている10社をご紹介させていただきます!

2.5D 若い世代からのインプットとしても役立つ業務日報

http://2-5-d.jp/
http://2-5-d.jp/

渋谷PARCOのスタジオでソーシャルTV局「2.5D」の運営や、アーティストマネジメントも行う株式会社2.5D。東京のPOPカルチャーを生み出し、発信している会社です。

・社内のコミュニケーションツールは「Slack」。そこには大学生のアルバイトやインターンにも積極的に参加してもらっています。

・インターン生に書いてもらう業務日報は、若い世代が興味のあることを知るきっかけにもなります!(飯寄雄麻さんより)

若者カルチャーの中心にある会社だからこそ、なにより大切なのは若者の生の声。Slackはビジネスシーンでの利用者が急増中のチャットアプリですが、フランクな会話も楽しめるのが良いですね!

Goodpatch シャッフルランチはSlackで自動的にチーム分け

http://goodpatch.com/studio
http://goodpatch.com/studio

お次は、「ハートに響くUIを追求する、グローバルなUIデザインカンパニー」というキャッチコピーを掲げるGoodpatchさん。サンフランシスコのスタートアップのようなクリエイティブな雰囲気のオフィスです。

・席はフリーアドレス制を採用!仕事がしやすいようにメンバーが近くに集まったり、フィードバックをもらいやすい席に移動したり、デスクに縛られず自由に移動しています。中にはソファで仕事をしたり、カウンターで立って仕事をするメンバーもいます。

・珈琲好きな社員が多いので、社内に珈琲コーナーができました。朝の一杯や仕事中の息抜きなど、珈琲を入れる時間がゆるいコミュニケーションのきっかけになっています。

・定期的に行われるシャッフルランチでは、Slack上で希望者が自動的にチーム分けされ、いつもと違うメンバーでランチに行く事ができます。

・たまに社員の犬が遊びにきて癒されます。会議に紛れ込むことも…!(瀧本優さんより)

犬との触れ合い…。人間以外の生き物がいるオフィスっていいですね。

R-STORE 月に1度の席替えは、あみだくじ!

http://www.r-store.jp/
http://www.r-store.jp/

・社員全体のコミュニケーションを増やすため、景品・優勝カップありのボーリング大会を定期的に開催しています。


おしゃれなリノベーション物件などを多く紹介している、ユニークな不動産屋R-STORE。

・新社員が入ってきたら卓球大会を開催します。

・社員オススメのカフェで、隔週に一度ランチミーティングを開催しています。


・月に一度、あみだくじで席替えをしています。(堀正斉さんより)


あみだくじで席替えですって。先ほどのプログラミングで自動化されたシャッフルとも似てはいますが、これまた甘酸っぱい感じがします。好きな人の隣になりたくて、不正する人とか出てこないでしょうか。

LIG 社内居酒屋「中村屋」をオープン

http://liginc.co.jp/
http://liginc.co.jp/

自社サイトをメディア化してしまったWeb制作会社のLIGさん。いつも話題が絶えない会社です。

「最近始めた取り組みが“社内居酒屋”です。管理部の中村しどうさんが店長となり、”中村屋”を経営陣のポケットマネーで運営しています。場所はLIGのオフィス内にあるキッチンで、月に1回、しどうさんが中心となって社員が気まぐれに飲みに来られる場を作ってくれました。

これからも新しい店長の居酒屋をオープンさせたり、各店オリジナルグッズを作成したり、お客様とも飲めるようにしたり…いろんなことが生まれればなーと思ってます。」(寺倉そめひこさんより)」


http://liginc.co.jp/ より
http://liginc.co.jp/ より

オフィスにキッチンがあると、食べながら、飲みながら…といったイベントがすぐに実現できるのが良いですね!部外者も参加して良いのでしょうか。あ、経営陣のポケットマネーと書いてある…。

サイバーエージェント 月に1度のグルメ会

https://www.cyberagent.co.jp/
https://www.cyberagent.co.jp/

サイバーエージェントです。もう説明は割愛します。

・月一のちょっぴり贅沢なグルメ会を行っています。

・月曜日にはチームランチをしています。(岩本苑子さんより)

なるほど…渋谷でそれらしき若くて大勢のチームを見るなぁと思っておりましたが、どうやら社内制度のようです。「ちょっぴり贅沢」の相場って、人によって格差があるので、CAの皆さまの贅沢事情がちょっと気になるところです。

boy 自分のやりたいことを実行した「旅」の報告会

http://boy-inc.com/
http://boy-inc.com/

ちょっと異業種からのご意見も!代官山・表参道・原宿、そしてタイのバンコクにも店舗を構えるヘアサロン「boy」。なんと、全員に「自分がどこで何をしたいのか」をプレゼンしてそれが通れば、国内外問わず長期での旅にも行けるそう。

・毎週木曜日の夜、営業後に全員集まって、デモンストレーションの時間を設けています

旅に行ったスタッフの報告会をしたり、タイ・バンコクのスタッフとskype でコミュニケーションを取ることもあります。

・美術部、料理部、音楽部などの部活があって、スタッフ間のコミュニケーションを取っています。(Naho Ikedaさんより)

カットや接客のデモンストレーションはもちろん、世界に向けての視野を広げてくれる社内文化があるヘアサロン、素敵です。

RIDE MEDIA&DESIGN 月に1度は、ビール片手にブレスト開催!

http://www.rmd.co.jp/
http://www.rmd.co.jp/

お次は、女子クリエイターのためのWebマガジン『箱庭』などの運営や、デザイン、Web制作などを手がけるRIDE MEDIA&DESIGN。

・月に1回、ビールを飲みながらブレストをしています。一人ひとりが担当している案件を全員に紹介して、メンバーから質問したりする会です。(高山達哉さんより)

ビールブレスト!日頃少し躊躇しそうなことでも、サクッと言い出しやすい空気になりそうですね。しかし、下戸の社員はどうするんでしょうか。ちなみに私は禁酒中です。

かっこ株式会社 硬くなりがちな会議をフーターズで開催

http://cacco.co.jp/
http://cacco.co.jp/

ビックデータを調査・解析するかっこ株式会社。カチッとした社風なのかと思いきや…

週に一度、フーターズのランチ会議を開催しています。社内の数学者が集まって、今取り組んでいる事案の進捗確認とか、解析結果のレビューとか、新規企画の議論をする会議なのですが、彼らは元々シャイで生真面目なので、社内の会議室で厳しいレビュー結果をフィードバックすると、落ち込んじゃって雰囲気が淀みがちになるのが気になっていました。


そこで社内の会議室とは真逆の「フーターズ」という環境を借りて、会議を実施する事にしたんです。


その結果、非日常効果がそうさせたのか、意見が言いやすくなったり、厳しいレビュー結果に対しても落ち込まずにポジティヴに高いテンションで乗り越えてもらえるなど、良い雰囲気を作ることに成功しました。


今では「フーターズの会議に、混じりたい」と社外からも言われるようになって、VCとか、協業先とか、取引先、仲の良い会社も会議に遊びにきたり、議題を持ち込んでくれるようになって、社外とのコミュニケーションまで活発化。メンバーの刺激にもなっています。

ロケーションはユニークですし、常連化したのでフーターズガールとワイワイ盛り上がる事もありますが、会議自体はいたって真面目です(成田武雄さんより)

フーターズですか。まじですか。あのセクシーなお姉さんしかいないところですか。

http://www.hooters.co.jp/
http://www.hooters.co.jp/

日本人は和を以て貴しとしすぎる文化があるので、このような環境でちょうどいいフランクさが生まれるのかもしれません。しかし、女性もこのフーターズ会議に参加するのでしょうかね? 私は、参加したいです。

モーフィング 会社の理念をそれぞれがプレゼン

http://www.m-inc.jp/
http://www.m-inc.jp/

美大生やクリエイターの力で、広告やイベントをよりクリエイティブなものに変えていくPR・制作会社のモーフィング。

・毎朝みんなで絶対に体操をしています。


・会社の理念である「MORE ARTSY」について、毎月一人ずつプレゼンをしています。社員によって理念の捉え方が違い、その理解にもつながります。


・社内で掲げている7つの行動指針に対して、自分がどう実践しているかをプレゼンします。(杉本真帆さんより)

理念を掲げていても、形骸化してしまう会社もあるのでは…?

こうして、一人ひとりのメンバーが「理念」に対して自分の頭を使って考えるのは、会社がひとつの人格になるためにも、そして個人を尊重するためにも素敵な取り組みだと思いました。

面白法人カヤック ぜんいんが社長になる合宿を

http://www.kayac.com/
http://www.kayac.com/

ユニークな採用制度や社内制度(サイコロをふって給料を決めるetc…)や、「鎌倉唯一の上場企業」となったことも記憶にあたらしい、面白法人カヤック。Web制作・ゲーム制作の会社です。

・社員が個人的につくったものを発表し合う「つくっていいとも!」という会を月に1回開催しています。

・ランダムのグループで週に1回、「仲良しランチ」を開催しています。

「ぜんいん社長合宿」という、社員200人以上全員が社長になったつもりで会社のことを考え尽くす合宿があり、年に2回開催しています。(長谷川哲士さんより)

この「ぜんいん社長合宿」を200人以上の規模で開催できちゃうのは、スゴいことですね。そしてどの会社でも「ランダムに選ばれた人とランチに行く」という仕組みは好評のようです!

– –

以上、様々な分野の10社からそれぞれユニークなご意見をご紹介させていただきましたが、何か取り入れられそうな社内制度はありましたか?

BAKEでも「パワーブレックファースト」に引き続き、良さそうな取り組みがあればトライしていきたいところです。

ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!


Text by 塩谷 舞( @ciotan )編集協力 樽見祐佳


こちらも併せてどうぞ!

・「お菓子のスタートアップ」を立ち上げて丸2年。1人から120人に増えたBAKEのこれまでと、今後のミッション(長沼真太郎)
・株式会社BAKE 採用情報
・株式会社BAKE Facebook

前の記事

オウンドメディアをはじめて1ヶ月。すごい効果がありました

次の記事

大学生アルバイトの持つ力を100%引き出す。人を変化させるマネジメント術を聞きました