Hello, Taipei!台北, 你好!BAKE CHEESE TARTの台湾初上陸で、現場はこんな盛り上がり!

2016.06.21

こんにちは! 田中伶と申します。今日はTHE BAKE MAGAZINEにて、BAKE CHEESE TART台湾初上陸の様子をお伝えします!

BAKEが台湾の新光三越に初出店、オープンに向けてチームBAKEは台北へ

Hello, Taipei!台北, 你好!
2016年6月15日(水)は、BAKEの初の台湾店舗のオープン日。開店準備や事前のレセプションのために、BAKEの海外事業部や広報チームが台湾へ駆けつけました。

梅雨真っ盛りの台湾・台北。
今回のレポートを書かせていただいる私は、BAKEの中の人ではないのですが、大学時代に2年ほど台湾に住んでいたこともあり、異常に台湾好きな日本人。そんな愛してやまない台湾に大好きなBAKEが上陸するという話を聞いて、「なんでもいいから手伝わせて!」と大騒ぎして飛んできたのでした。

すっかり現地人化していた、留学時代の私(19歳)……。

田中

今回は現地のゲストハウスに泊まっていたのですが、ほかの宿泊者たちに台湾旅行の目的を聞かれて「BAKEっていうチーズタルトの店のオープンのために..」なんて話をしたら、キャー!と歓声があがりました。日本のBAKEが台湾にやってくるらしいというニュースは、若者たちの間ではもう知れ渡っていたようです。

それもそのはず、こちらはオープン数日前の新光三越。
台北駅からすぐ隣り、若者たちが集まる流行の発信地でもある中山エリアには、既にこんな立派な看板が…!

看板

今回BAKEがオープンする新光三越の前にあるバス停や、話題のディズニー映画のポスターと並んで、BAKEの黄色いロゴが光っています。

看板

オープン2日前、報道陣向けのレセプションを開催

BAKE新光三越店のオープン2日前には、マスメディアや著名なブロガーに向けてのレセプション・イベントが開催されました。

オープン2日前

会場となったのは、現地の若者たちも多く集まるSecond Floor Cafe。

Second Floor Cafe

午後からの記者会見に向けて、当日は朝から大急ぎで準備を進めました。

飾りつけ

テーマカラーは、もちろん黄色。
会場に届いたお花を可愛くセットしたり、写真撮影用のパネルを用意したり..

飾りつけ

飾りつけ

報道陣に配るための資料の最終確認をしている横では、音響や照明機材のセットを行っています。

音響や照明機材

音響や照明機材

招待した記者さんに持ち帰ってもらうための、限定トートバッグを準備。

限定トートバッグ

外国籍の社員が多いBAKEのメンバーの中には、台湾人のデザイナーもいます。
普段は日本で働いているわけですが、今回のオープンのために里帰りです。自分の故郷に出店するって、きっと誇らしい気分に違いない!

飾りつけ

BAKEのこだわりが伝わるメッセージもセット完了です。

メッセージ

真太郎さんが会場入り、記者会見全体のリハーサルがスタート

そうこうしているうちに、BAKE代表の真太郎さんが現地に到着しました。

真太郎さん

着くやいなや、早速現場の確認とリハーサルが始まります。流れを確認しつつ、緊張感が高まってきます。

リハーサル

同時通訳の方と入念なリハーサル。熱い想いを台湾の報道陣の皆さんに伝えるべく、原稿などを確認中。

原稿確認

司会

日本語&中国語を操る司会の 黄予倫 さん。
BAKEの明るくフレッシュなイメージにぴったりで、とても素敵な方でした。

肝心のチーズタルトは、会場のカフェの厨房で最終工程に

一方その頃、会場となったカフェの厨房では報道陣に振る舞われるチーズタルトが続々と焼きあがっています。

タルト

どこへ行っても、変わらない原料に変わらない美味しさ

タルト

オーブンの温度の加減を見ながら、ベストな焼き上がりに仕上げます。

タルト

無事に予定していた分のチーズタルトが焼き上がり、黄色く鮮やかに飾られた会場へ!

会場

カフェの入り口にもレセプションの案内を設置。
開場時刻ギリギリまで準備にかかりましたが、無事に間に合って良かった〜!

受付開始、台湾メディアの記者さんが続々と

ようやく開場。台湾でお馴染みの新聞社やWEBメディアの記者さんたちが集まり始めました。

受付

会場は終始、和気藹々とした雰囲気。皆さんカメラ片手です。

会場の様子

開場から30分後、いよいよレセプションのイベントが開始しました。

イベント

代表の真太郎さんや、台湾でのパートナー企業の株式会社ホットランド台湾支社の蔡社長からご挨拶。台北店のオープンに至ったことの感謝を伝えたあとは、いよいよお楽しみのチーズタルト試食会です。

試食会

集まった記者さんたちに焼きたてのチーズタルトが振る舞われます。緊張感のあった会場も、チーズタルトの登場で笑顔が。

会場

チーズタルトを食べてもらいながら、チーズタルトの具体的な商品紹介を海外事業部部長の印牧さんからプレゼンします。

印牧さん

何を隠そう、印牧さんの奥さまは台湾人!
奥さんの故郷にこうしてお店を出せたことが嬉しいという愛のあるコメントには、現場の台湾人記者たちから「おお〜!」と歓声と拍手が上がっていました。

BAKE

会見は無事に終了し、蔡社長と真太郎さんの撮影と各メディアからのインタビューへ。

インタビュー

訪れた人気ブロガーの皆さん、早速撮影会をしていました。

撮影

撮影

今回の司会を担当してくれた、黄予倫 さんも。腕に、BAKEのステッカー貼っちゃってます。

撮影

一方テーブルでは、各メディアの取材に取り囲まれる真太郎さんの様子。

真太郎さん

RINGOの台湾出店の予定は?」なんて質問も飛び出していました。

取材対応後の印牧さん、緊張からも開放され、ジュース一気飲み。お疲れ様でした!

印牧さん

約2時間。大盛況のうちに、レセプションが無事に終了しました。

レセプション終了

今回のレセプションは、PILOTgroup のPrestige Public Relations Internationalという台湾のPR会社にお願いしました。日本語でも沢山フォローいただき、謝謝!

私も、真太郎さん・印牧さんと記念に一枚。

真太郎さん、私、印牧さん

最後にBAKEチームの皆で記念撮影。皆さん、お疲れさまでした!

記念撮影

二日後に迎えた6月15日、ついにBAKE台北店がオープン!

台北

大盛り上がりのレセプションから2日後、いよいよオープン当日。
店の外まで行列は続きます。話題のチーズタルトをいち早く食べようと、多くの人がオープン前から訪れました。なんと早い人ではオープンの3時間前(!?)から並んでくいるという方も!

お店

お店

オープン当日、早速レポートが書かれていたブログ。
【台北中山】Bake Cheese Tart 半熟起司塔 捷運中山站美食

形が少しでも崩れているタルトが手早く取り除かれるのを見て「これが日本の品質管理!」と感激している様子が伝わります。

お店

台湾でチーズタルトは一個70ドル(247円)、6個入りで390ドル(1,482円)で販売されます。

台湾でのBAKEフィーバーは、これからも続きそうです。

お店

大盛り上がりの幕開けをした台湾ウィーク。台湾チームの皆さん、お疲れさまでした。

一方の私はというと…
チーズタルトをゲストハウスへのお土産にプレゼント。香港から旅行に来ていた女の子は「これ香港では1時間以上並ぶのよ!」と得意気。ありがとうBAKE、チーズタルトのおかげで人気者になれました…涙目。素敵な機会をいただけて、本当に感謝です!

というわけで、改めまして、Hello,TAIPEI! 台湾の皆さん、これからどうぞBAKEを宜しくお願いします。 Text by 田中 伶(@TanakaRei_vd

前の記事

台湾初上陸!焼きたてチーズタルトBAKEが台北にオープン。若者に人気のスポット&台湾スイーツをご紹介

次の記事

◯◯しなければいけない、という編集ルールはなし!BuzzFeed のBUZZエディター・鳴海さんと嘉島さんに学ぶ、バズる記事の作り方